運勢、占い、恋愛など

「こい」と「あい」は似ているけれど全然違うのです。

恋愛小説を読んでいると

私は、現実の恋愛は
あまり機会に恵まれていないため
恋愛小説を読んで体験した気分になっています。

とりわけ学園ものの恋愛小説は読んでいると
楽しくなってしまいます。

青春を感じさせる甘酸っぱさや
さわやかさがあるからだと思っています。

私は高校を卒業してから何年も
経過してしまっているので、
学園ものの恋愛小説を読んでいると
自分の経験にかぶせて読むことが
できることもあるので、
その点も気に入っています。

私はまだ大人の恋愛を楽しめるように
なっていないのだと恋愛小説を読んでいると
つくづく感じてしまいます。

大人の恋愛の駆け引きというものは
どうにも理解できない点が多いです。

そういったことも今後わかっていくのでしょうか。

もしそうだとすれば、年を重ねるにつれて
恋愛小説だけでなく他の小説でも
好みが変わってくるということだと思うので、
その時がくるのを楽しみにしています。

いつか自分自身の恋愛も充実させていけるように
頑張っていろいろな所へ
出て行ってみようと思います。

そのためにオシャレに気を遣ったり、
この記事で書いていることを真似して
髪のお手入れを怠らないようします。

ちょっと手入れしないだけで
髪ってすぐにクシ通りが悪くなってしまいます。

恋愛の楽曲

恋愛関係となった時、それに関連する楽曲が
聞きたくなる事があります。

恋愛中の男女を盛り上げてくれるような曲から、
遠距離恋愛を応援する内容の曲、片思いの
切なさを歌った曲、また失恋した際に
慰めてくれる曲など、恋愛をテーマにした楽曲は
様々であり、またいつの時代も人気があります。

更にどのような恋愛状況かによって、
曲調や歌詞も変わってきます。

恋愛中の男女に人気があるのは
アップテンポで前向きな内容の歌詞です。

また遠距離恋愛や片思い中の人には
少しテンポを下げたバラード系の曲調が
中心になってきます。

歌詞の内容は切ない内容の中にも、
前向きに恋愛と向き合う姿勢を
感じさせるものが多いです。

失恋した際には歌詞と曲調のどちらともが
悲しい雰囲気のものが中心になります。

また近年注目されているのが、
聞いただけで泣いてしまうような
歌詞と曲調の楽曲です。

これはどんな恋愛関係中であっても、
また恋愛をしていなくとも
心に響くからだと考えられます。